日記

3/12(木)の後半の日記。

コペンハーゲンから2時間遅れで飛行機は出発した。不安なので、おっちゃんとスチュワーデスには乗り換え時間がないねんと念を押す。とりあえずあせってもしょうがないので本を読む。2時間ほどでヒースロー到着。でも、到着後20分くらい時間がかかってしまった。降りようとするとさっきのおっちゃんがあっちに急げみたいな感じで行ってたのでとりあえずダッシュ。
でも、ヒースローの乗り換えはセキュリティチェックでいつも込むのでだめだろうと思いつつセキュリティに行くと誰も並んでいなかったのですぐにゲートを通れた。
で、急いでターミナル3の掲示板を見るとANAはなかった。。。
すげー遅延で掲示板にないのではと淡い期待を持ちつつSASの乗り換えカウンターに向かう。
やっぱりANAは出発済みなことが判明。

しょうがないので次の成田行きを探しえもらうがその日はなく、次の日も満員でキャンセル待ちだからとりあえず明日ANAに並んでね!とのこと。
宿泊費はSASが出してくれるけど、SASご指定のホテルはいっぱいだから自分で探してレシートをもってこいと冷たく言われたのでしょぼしょぼ歩き出す。
さっききたセキュリティーゲートに戻り、お兄ちゃんに事情を話すとそっからお外に出なさいといわれたので、英国に入国するハメになった。
荷物を探しにSASのカウンターに行くも、もう荷物はANAに渡したから知らんと切ない回答。ANAは別の会社に委託しているからそこ行って見たら?といわれたので別カウンターへ。
そこでも荷物は知らんよっていわれたけど、泣きそうな顔で無いと困っちゃうと訴えるとおじさんが、「ここで待っときんしゃい、何とかがんばってみるけん!」と探しに行ってくれた。
しばらくするとおっちゃんが荷物を探し出してくれた!英国人にも優しい人がいて助かった。
ここであきらめてたら絶対ロストバゲージだと思っていたので超うれしかった。

その後、入国審査では「おいてきぼりくったのね」と言うと優しく入国させてくれた。いつもなら得体のしれない英語で絡んでくるくせに。
入国後はホテルが無いので旅行カウンターっぽいところに向かった。
昔泊まったホテルに行きたいと言ったけど、満員らしい。
あいているホテルは空港近くだと200ポンドだぜ!といいやがった。4万円以上。。。
しょうがないのでそれで契約。
ホッパ乗り場を教えてくれたのでそこに向かうが夜遅いので全然来ない。
30分待ってやっと来たのでそれにのってホテルに向かった。ホテルはぼろぼろホテルで4万円の価値はなかった。
泣きながらひろちゃんとぴろっちに電話して飛行機を探してもらうも月曜まで全然無いらしい。
途方にくれつつビールを飲んで寝ちゃった。

ヒースローがぼろぼろだったのはアンポンタンが滑走路でかくれんぼしてたかららしい。。。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック